自然に還る花になる 桜に見守られいつまでも

お墓や供養の悩みを解決!

  • HOME »
  • お墓や供養の悩みを解決!

お墓や供養の悩みを解決

◆お悩み-①:お墓にはあまりお金をかけられない

一般的に石のお墓は、土地代、基礎工事費、墓石代と合わせるとかなり高価になりますが、樹木葬は墓石を使用しないのでとても安価に購入することができます。ただ、安いからという考え優先に選ばれるのではなく、樹木葬の良さを正しくご理解し、納得していただくのが大切です。

◆悩み-②:維持管理について(掃除や草取りのこと)

年齢を重ねると彼岸や盆の掃除や草取りが大変になってきます。当園の樹木葬は定期的な維持管理をしていますので、ご高齢の方々にとって掃除や手入れが不要で、遠くにお住まいの方も墓掃除で悩むこともありません。

◆悩み-③:子供達に迷惑かけたくない(お墓の引き継ぎについて)

子供達(継承者)がいてもいなくても、永代供養ができるので心配無用です。

「子供に頼りたくない、頼れない」という方もいます。実際、子供夫婦は別世帯に暮らし、転勤があったりします。先祖代々墓のような何世代も一緒のお墓は、今の時代に合わなくなっているのです。

これからは「夫婦一代限りの墓で良い」と割り切ることが必要とされます。当園ではご夫婦やおひとりのお墓を含め、全てが継承者不要で購入できます。

◆悩み-④:自分達が亡くなった後、誰が供養するか?(永代供養について)

夫婦二人きりや、お一人の場合、誰もいなくなった時に、誰が供養するかという問題があります。このような時には「大切な人をいつまでも忘れない」という意味の永代供養とういう方法があります。1周忌・3回忌のように施主がいなくても、33回忌まで供養するというものです。当墓園はすべて永代供養となっていますので、供養する人がいなくなっても寺院が供養しますので、無縁墓になることはありません。

◆悩み-⑤:もしもの時、葬儀や納骨はどうするか

墓園を購入していただいた方が、もし何かあったら、寺院にご連絡下さい。火葬や通夜の読経のことなど、適切にアドバイスすることができます。

葬儀・納骨は日程を調整し、寺院本堂で墓前葬儀を行い、墓園に移動し納骨となります。葬儀社に先導され、あとでトラブルに成ることもあるように、相談できる寺院があることは安心につながります。

◆悩み-⑥:都会のお墓は無理なので、地方のお墓も考えたいが?

手元供養

手元供養

都会のお墓は高額で、たとえ墓を建てたとしても、その後の継承と維持管理が難しいものです。だからといって遠方にお墓を建てると、お参りするのが大変という問題も出てきます。このように考えられる方には、樹木葬と手元供養の組み合わせがベストです。

手元供養とは、分骨したものを容器に入れ自宅の仏壇などに安置し、手元でお参り供養ができるという方法です。本骨は樹木葬に納骨すれば、維持管理を心配せずに、花に生まれて自然に還ることができます。東北に縁のある方にとって、家族が身近に供養したいという思いと、自然の中で終の棲み家(ついのすみか)で安心して眠るという両方の思いが叶えられるのです。

桜の樺細工で写真立にもなる手元供養(写真:遺骨・遺品を収めることができます)

 

以上、みちのく樹木葬永代供養墓では4種類から選ぶことができます。

樹木葬タイプ:岩手一関樹木葬 または、宮城石巻樹木葬。(ご夫婦やお一人の場合に適)

墓石タイプ:岩手一関の「石塔夫婦墓」 または、宮城石巻の「花かんのん」(ご家族・夫婦・お一人も適、継承も可)

いずれも、安価で維持管理が楽、永代供養ができることがメリットです。

 

PAGETOP
Copyright © みちのく樹木葬(一関・石巻) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.